2014年

10月

25日

本牧道場、最後の土曜日

土曜日の午前中、本牧道場で15年間空手を教えてきましたが、店に集中する為

しばらく指導を離れる事にしました。

 

かわいい後輩達、今度会える時まで鍛錬を続けていてね!

 

 

0 コメント

2014年

10月

25日

1万2000年前の氷河期に人類が生活していた(ヤフーニュース)

カナダのカルガリー大学研究チームは23日、南米ペルーのアンデス山脈の標高約4500メートル地点で、1万2000年前の氷河期に人類が生活していたことをうかがわせる痕跡を発見したと発表したニュースがでていました。

 

1万2000年前というと哲学者プラトンが著書『ティマイオス』及び『クリティアス』の中で記述した、アトランティス大陸と呼ぶ島が存在した時期と一致しますね。

 

もしかしたらアトランティス大陸は南米にあったのかもしれません。。。

 

しかし研究調査チームが調べた中に「動物の骨、狩猟に使ったとみられる石器」が見つかったそうですが、ヘロドトスの「歴史」にあるアトランティスに関する記述で「アトランティスの人々は生き物を食さない」とあるのでここはちょっと疑問です。

 

しかしワクワクします。

0 コメント

2014年

10月

24日

宮沢賢治から学ぶまことのチカラの出し方

宮沢賢治全集の童話Ⅶの短編で人にとって大切なまことのチカラの出し方が出てきます。

 

 

ある時インドのガンヂス河が水が増して激しく流れていました。

 

それを見ていた群衆の中に尊いアショカ大王もいました。

 

大王は家来に「誰かこの水をさかさまに流して落ちつかせる事は出来ぬか?」

 

と問います。家来は皆

 

「陛下よ、それはとても出来ない事でございます」と答えるばかりです。

 

それを聞いていた中に1人のいやしい職業の女がいました。彼女は

 

「わたくしは自分の肉を売って生きているいやしい女です。けれども私のようないやしい者でさえ出来るまことのチカラの大きい事を王様にお目にかけましょう」

 

と言いながら、まごころをこめて河に祈りだすと、河はたちまちたけりくるって逆さまに流れはじめました。

 

王様は女にどうしてそのようないやしい者にこんな力があるのかと聞きます。

 

女は王様にまことのチカラによるものです、と答えます。

 

お前のように不義でみだらで罪深く暮らしているものにどうしてまことのチカラがあるのか、と尋ねます。

 

女は説明します。

 

「王様、私は私を買って下さるお方には、おなじくつかへます。武士族の尊いおかたをも、いやしい方達をも等しくうやまひます。

 

 ひとりをたつとびひとりをいやしみません。王様、このまことの心がガンヂス河をさかさまにながさせたわけでございます」

 

私は店にとてつもない異臭を放つお客様やとっても横柄なお客様が来られた時は、このまことのちからを使わせていただいております。

0 コメント

2014年

10月

07日

今週の週刊文春の記事は重要です!

大変気になる記事です!

安全な食品が提供できているかどうか確認していただきたいです!

0 コメント